カイトが仕事で使うツール:情報整理の道具たち

以前、カイトが仕事で使うツールを紹介しましがた、社内情報共有(コラボレーション)に使うツールが中心でした。
今回は自分自身が効率的に仕事をする上で欠かせない情報整理ツールについてご紹介します。
Evernote
言うまでもないメモアプリの大御所です

クラウド、モバイルアプリ、PCアプリが揃っております。
テーマに基づいたノート(メモ)をノートブックという分類で仕分けすることができ、
ノートをタグ付け(キーワードで記しをつける)することで異常に簡単なレベルで検索・分類が可能です。
ノートは文章、画像、手書きメモ、画像、音声と大体のことはカバーできます。
また他のEvernoteユーザーとノート、ノートブックを共有可能です。
一般的な利用法については書籍が多数出ていますが、私が特に利用頻度が高いのは、
・Webクリッパー:ブラウザから直接Evennoteに閲覧してるサイトを残すことが可能な機能
・Scannable連携:Scannableという画像撮影し、PDFやJPG形式が取り込みEvernoteに取り込みします。また取り込む対象が斜めであっても形を補正して取り込んでくれます。
また名刺形式であれば文字読み取りして名刺として登録されます。
・プレゼンモード:ノート形式からプレゼンモードに切り替えれば打ち合わせ内容のまとめで見やすい形で表示されます。
文字に関係ないメニューが画面から消え、マウスカーソルが残像付きでポインタの役割を果たします。
CRMでももちろん情報整理はしておりますが、アイデアベースのものやスキャニングしたドキュメントなど「データの正規化が難しいもの」はこちらに集約しております。
Zoho CRMと連携してくれるとベストなのですが、要望で出しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です