カイトが仕事で使うツールTop5:中小企業で導入しやすいITツールのご紹介

セミナーで話をすると反響が多く、お客様から質問されることの1つに、
「カイトはどのようなツールを利用しているのか?」があります。
今回は弊社で利用しているツール、すなわち生産性向上に実績のあるツールをご紹介します。

1.Zoho CRM:業務の中心となるCRM https://www.zoho.jp/crm/
我々は中小企業向けのCRMの専門家ですので言うまでもなくCRMを利用しています。
ただし利用する時間の半部以上はモバイルアプリからの利用です。
隙間時間にデータ入力し、腰を据えて作業する時間にはPCのブラウザで利用しています。
(また弊社ではMacを利用しています。)

2.Zoho Connect:コラボレーションのエンジン https://www.zoho.com/connect/
ZohoがリリースしているプライベートSNSのアプリです。
簡単に言うとLINEやtwitterなどのSNSを限られたメンバーで利用する仕組みで。
お客様やパートナー会社と特定のトピックについて話し合ったり、予定や資料を共有したりと多岐にわたる
コラボレーションのインフラとして利用しています。

3.Google Apps for work:業務インフラの代表格 https://apps.google.co.jp/
クラウドビジネスアプリの代表格ですが、カレンダー、メール、ドライブを主に利用しています。
(ハングアウトについては別途記述します)
個人用のGoogle Appも便利ですが、会社のドメインを利用できるのはfor workとつくものになります。
なんといってもGmailが突出して便利です。
またZoho CRMとはカレンダー、連絡先を連携させています。
たとえばカレンダーに予定を入れるとZoho CRM側の予定に自動的に同期されたり、
Gmailで受信したメールの差出人を見込み客や連絡先に存在するかを確認してない場合はワンクリックで追加したりと入力の手間が激減します。
まだまだ書くことはありますがこのへんで。

4.Slack:ビジネス用のメッセンジャー https://slack.com/
メンバー間のメッセンジャーとして利用しています。
添付ファイルがGoogleドライブなどの他のクラウドサービスと連携して共有できたり、動作が軽いなどかなり便利です。

5.Chatwork:パートナーとのプロジェクトタスク共有 http://www.chatwork.com/ja/
Zoho Connectが利用できない、もしくはChatworkを先に利用しているパートナーの情報共有に利用します。
グループの掲示板のようにタスク(仕事)の依頼や、ファイル共有が可能です。
Chatworkは日本ではシェアも高く、利用されている人も多いので無理にZoho Connectを利用してもらうのではなく
相手に合わせ協働作業できるようにしています。

いかがでしょうか?
まだまだ紹介したいツールはありますが今回はここまでで!
質問ございましたらお気軽に問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です